ペニストレーニングなどの外部から圧力

陰茎トレーニング

陰茎トレーニングとは陰茎を増大するためのトレーニングで筋トレにも似たところがあります。

陰茎は下腹部からつながっている筋肉と臀部の方からつながるPC筋という筋肉でできています。

陰茎トレーニングはこの二つの筋肉を鍛えて陰茎を大きくして硬くしたり太くしたりすることを目的としたトレーニングです。

陰茎トレーニングの具体的な方法は腹筋をしたりスクワットをしたり陰茎を伸ばすトレーニングというものがあります。

以上のようなトレーニングを毎日することにより、勃起したときの硬さが上がったりすることができるといわれています。

毎日続けることにより着実に陰茎増大や陰茎の勃起力のパワーアップに貢献できるのでぜひ続けてみてください。

陰茎マッサージ

陰茎を大きくするためのマッサージがあります。ジェルキングと呼ばれている方法で、ジェルやクリームで陰茎をマッサージして血流を改善して増大する方法です。

ジェルキングの具体的な方法としては以下のようになります。まず陰茎を蒸しタオルで温めます。次に陰茎を勃起状態にして、人差し指と親指で輪っかを作るようにしてジェルを使って根元から亀頭側に向かってスライドしていきます。

コツとしては根元から亀頭側にスライドするときに血流を亀頭側に向けてまんべんなく行き渡らせるようなイメージを持ちながらスライドさせていくことが肝心です。

陰茎増大クリームを活用する

陰茎を増大するためには増大クリームというジェルが売られています。

普通のジェルとは違って陰茎への血流を改善する成分がたくさん配合されていて、普通のローションで陰茎マッサージをするよりも効果が高いといわれています。

増大クリームの効果は、温熱クリームみたいに陰茎に塗ると陰茎が熱くなってきます。

この増大クリームは先ほどの陰茎マッサージと同時にやるとお互いの効果をいかんなく発揮するでしょう。

メンズサプリを使う

メンズサプリには欠かせないシトルリンやアルギニンなどという成分が贅沢に配合されています。

特にシトルリンとアルギニンは普段の食生活で摂取することがしにくいといわれているので、メンズサプリなどを使って積極的に取り入れたいものです。

シトルリンとアルギニンをメンズサプリをつかって効率的に吸収することによりいい男で生涯現役でいられるでしょう。

自分でビッグな男になるためには、メンズサプリを使ってみるのがおすすめです。

男の自信を促す方策

男の自信を大きくしたいのであれば、ペニトレとメンズサプリを同時に使うことがおすすめです。

ペニストレーニングなどの外部の刺激に対して、ペニス成長に必要な栄養素が体内に満たされていれば、みなぎる男の自信につながらないでしょう。

メンズサプリは体内から男の自信を促すものですが、ペニストレーニングは外部から圧力をかけて、細胞を大きくさせるものです。

男の自信を確実なものにするなら、外部からの刺激と内部からの刺激のダブルで目指しましょう。

ミルキングって何?

ミルキングというのは手を使って、ペニスに圧をかけて、男の自信を促していこうというトレーニングです。

ミルキングに期待できる効果はペニスへの血流促進効果により亀頭の増大です。

ミルキングの手順はまずペニスを半分勃起した状態にして、小指から順に握っていって親指まで波を描くように握っていきます。

小指から握っていくことにより、ペニスの先端まで血流を行き渡らせることができます。

亀頭の先端まで血流を行き渡らせることにより、ペニス全体に血流を行き渡らせて、カリ高のペニスを目指すことができます。

亀頭が小さいと先細りになり、見た目も悪くなってしまうので、カリを特に大きくしたい人にはこのミルキングという手法がおすすめです。

ジェルキングのやり方

ジェルキングというのはローションやジェルなどをつかって、ペニスの竿全体に圧力をかけていく方法です。

ジェルキングに期待できる効果はペニスを長くする、血流を促進するの二つが主な目的です。

ジェルキングの手順を解説していきます。まずペニスにローションを塗ります。次にペニスを半勃起状態にします。そしたら次に親指と人差し指で作った輪っかで根元からカリまで絞るようにスライドさせていきます。これの繰り返しです。

ジェルキングは自分の指を使った牽引法とも呼べるものです。ペニスは人体によって固定されているので、竿の何割かは体の内部に埋もれているのです。

体内に沈んでいる竿の部分を引っ張り出すペニストレーニングがジェルキングです。つまり、ペニスが短くて悩んでいる人にはうってつけといってもいいでしょう。

ジェルキングにもミルキングと同じくペニス全体への血流促進効果を期待できます。

増大器具のメリット、デメリット

男性諸君のみなさんであれば、誰でも一度は男の自信を大きくしたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

自分のペニスを勃起させて定規で測ってみたり、銭湯やサウナで他人のペニスをチラ見してしまった経験があることはあると思います。

ペニスサイズに自信があれば問題ありませんが、小さかったらペニスのサイズがコンプレックスになってしまうのではないでしょうか。

そしてペニスサイズが小さいと思っても、それをどうやって改善して悩みを克服すればいいのかわかるひとはあまりいないのではないでしょうか。

ペニスサイズに自信がない人のために、どうやったらペニスを一番効率的に、コスト面も安く抑えて、最大限に増大できるのかを紹介していきたいと思います。

まず思いつくのは増大手術だったり、増大器具だったり、メンズサプリなのではないでしょうか。

増大手術のメリットとデメリット

ペニスはサイズアップしたいけど手術はためらいがあると二の足を踏んでしまう人も多いと思います。実際に増大手術とは何をするのでしょうか。

実際に手術をした場合の時間や費用や効果について解説していきたいと思います。

増大手術の内容というのはいくつかカテゴリーが分かれていて、ペニスの長さだけを大きくしたり、太さだけを大きくしたり、カリ首だけを大きくしたりというものがあります。

ペニスの土台部分である人体を手前に引き出して長くしたり、ペニスにヒアルロン酸を注入してカリ首を大きくしたり太さを大きくしたりというものがあります。

増大手術というのは物理的に手術というものをするので、即効性がありますし、確実に数センチは大きくすることができるというメリットがあります。

増大手術自体も短時間で終わりますし、入院などの必要もないので、その日に返ることができます。

以上がメリットですが、次はデメリットについて解説していきたいと思います。手術は個人の自由でやるものなので、保険の適用外です。

簡単な手術であれば数万円のものもありますが、メスを入れるような手術であれば数十万円単位でかかってしまいます。

また、ダウンタイムというものもあるので、腫れがでたり痛みがでたりするので、セックスやオナニーがしばらくできないというデメリットもあります。

手術内容は医師の腕によって手術紺が残ってしまうこともあります。なので、最大のデメリットは増大手術では勃起時のサイズがあまり変わらないことです。

大金を出して手術をしたのに、勃起したときのサイズが変わらないのであればあまり意味がありませんよね。

実際に手術をしようと思っている人は事前にどういうメリットやデメリットがあるのか認識しておきましょう。

増大器具のメリット

器具には大別するとポンプタイプと牽引タイプの二つがあります。

ポンプタイプは勃起したペニスに取り付けて、真空状態にして吸引することによりペニス全体に圧力がかかり、海綿体を引き延ばすことができます。

もう一つの牽引タイプの男の自信器具はペニスの竿を引っ張って付加をかけることにより自然にペニスが増大するというものです。

これらのメリットは器具を使って直接的にペニスに圧力をかけるので、効果を実感しやすいということがあります。

実際にすぐに何らかの実感を得ることができれば、モチベーションが維持できると思います。

ポンプタイプの唯一のデメリットは短時間で圧力をかけることにより、ペニスの細胞に高負荷をかけてしまうことでしょう。

あとは、毎日30分以上使い続ける必要があるので、どうしても途中でめんどくさくなってしまうでしょう。

牽引タイプのデメリットは装着している時間が長いというものあります。4時間以上は使い続ける必要があります。

睡眠中に装着していると寝返りをしたときに増大器具が外れてしまったりするので、睡眠中はつけないようにしましょう。

つまり、起きているときはなるべく長く増大器具を付けておくことにより効果を上げることができます。他にもあまりにも安い器具をつかうことはおすすめしません。

あまりにも安い器具だとただ痛い思いをするだけで終わることもあるので、購入するときは注意が必要です。

メンズサプリのメリットとは

メンズサプリのメリットは飲み続けるだけでいいので手軽に使い続けることができます。

メンズサプリに入っている成分には男をパワーアップさせる成分がたくさん入っています。

科学的に解明されている男の自信のメカニズムから、本当に男の自信をたぎらせる成分をたくさん配合されているのです。

用法用量をまもって、飲み過ぎたりしなければ、薬のような副作用の危険性もなく、安心して男の自信を期待できます。

それぞれのサプリによっては、GMP認定された工場で衛生管理や品率管理が行き届いた環境で製造されているので、安全性や品質が高いといえるでしょう。